ペニス増大サプリとお酒(アルコール)を併用しても大丈夫なのか徹底解説!

ペニス増大サプリとお酒(アルコール)を併用しても大丈夫?

お酒(アルコール)

成人の男性であれば、日常的にお酒を飲んでいても不思議ではありません。

管理人の私もアルコールは大好きで、毎日ビールやサワー、日本酒やハイボールを嗜んでいます。

そこで、ペニス増大サプリとお酒(アルコール)を併用しても大丈夫なのか疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

結論から言うと、適量の飲酒であればペニス増大サプリと飲み合わせも問題なしです。

適量を守って適切に飲酒していれば、お酒には次の3つの効果があります。

  • 身体を温めて血管を詰まりにくくさせる
  • ストレスが和らいで精神的に落ち着く
  • 飲み会の場で人間関係をスムーズにする

お酒は血行を改善してくれますので、シトルリンやアルギニンを含むペニス増大サプリと相性が良いですね。

毎日適量の飲酒をしている人は、心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡率が低いとのこと!

お酒は血行を改善し、体を温め疲労回復や血管を詰まりにくくさせる効果があります。イギリスの研究で、毎日適量飲酒する人は、全く飲まない人や時々飲む人に比べ心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡率が低い傾向にあると報告されました。

引用元 ご存知ですか?お酒の正しい飲み方(社会医療法人社団 健生会)

Twitterの口コミを見てみると、「お酒を飲むと増大サプリの効果が弱まるから禁酒している」という男性がいました。

しかし、適切なアルコール摂取ならペニス増大サプリの効果は下がらないので、ストレスを感じてまで禁酒する必要はないですよ。

どうしても不安な方は、ペニス増大サプリの摂取とお酒を飲む時間帯をずらしましょう。

※横にスクロールできます。

管理人イチオシのペニス増大サプリ3選!
項目 1位:ヴォルスタービヨンドブラスト 2位:ヴィトックスα EXTRA Edition 3位:ペニブーストプレミアム
1箱の料金 1箱で12,800円 1箱で13,824円 1箱で12,500円
キャンペーン 2箱以上の購入で1箱無料プレゼント 1箱の購入で1箱無料プレゼント 2本以上の購入で1本無料プレゼント
成分の種類 236種類 100種類以上 82種類
返金保証制度
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら

お酒の飲み過ぎでペニス増大サプリの効果が下がる理由を徹底解説!

通常の範囲内の飲酒なら問題なくても、お酒の飲み過ぎはNGです。

このページでは、お酒の飲み過ぎでペニス増大サプリの効果が下がる3つの理由を詳しく解説していきます。

1:アルコールの分解にシトルリンやアルギニンが使われる…

※横にスクロールできます。

ペニス増大サプリ L-シトルリンの含有量 L-アルギニンの含有量
ヴォルスタービヨンドブラスト 1日当たり1,043㎎ 1日当たり421㎎
ペニブーストプレミアム 1日当たり2,000㎎ 1日当たり600㎎
ブラビオンS(BRAVION S) 1日当たり3,000㎎ 1日当たり300㎎
ギムロットα(GIMULOTα) 1日当たり1,560㎎ 非公開
プロキオン エヌオーワンブースト 1日当たり839㎎ 1日当たり150㎎
ULBO(アルボ)PLATINUM 1日当たり800㎎ 1日当たり500㎎
エディケアEX(EDICARE) 配合なし 1日当たり690㎎

多くのペニス増大サプリの中には、アミノ酸のL-シトルリンとL-アルギニンが入っています。

それは血管を拡張して血流を促し、ペニスの海綿体に流れる血液の量を増やして勃起力を高めてくれるからです。

しかし、お酒を飲み過ぎているとシトルリンやアルギニンがアルコール分解のために使われます。

サプリメントでしっかりと補給しても、アルコール分解で消費されてしまっては意味がありません。

ペニス増大サプリに含まれているL-シトルリンとL-アルギニンの効果を引き出したいのであれば、毎日適量の飲酒を心掛けるべきですね。

2:血液がドロドロになって血流が悪くなる…

血流

お酒の過剰摂取で血流が悪くなる理由…
  • アルコールが分解・解毒される際に体内で水分が使われる
  • 身体が脱水状態になって血液の濃度が濃くなる
  • ドロドロの血液になって血流は更に悪くなる

参考 病気を引き寄せないお酒の飲み方。ドロドロ血液のダメージを防ぐ!

適量のお酒は血行促進に繋がると解説しましたが、飲み過ぎると逆に血液がドロドロになります。

アルコールの過剰摂取で血流が悪くなる理由は上記の通り…。

当然のように、ペニス増大サプリの中に入っているL-シトルリンとL-アルギニンの効果が薄れますよ。

「二日酔いになるまで飲み続ける」「記憶が飛ぶまでお酒を身体に入れる」といった飲み方をしている男性は要注意です。

3:男性ホルモンのテストステロンの分泌量が減る…

テストステロン

男性ホルモンのテストステロンは、男らしさと切っては切れない関係にあります。

テストステロンとは、男性ホルモンの代表であり、筋肉質な体型やがっしりした骨格などいわゆる「男性らしさ」を構成するために重要な性ホルモンです。
思春期に急激に分泌量が増えることによりか身体や精神の発達に大きく影響し、「第二次性徴」と呼ばれています。
分泌量を年齢の推移で見ると、多くの場合は10から20代をピークに急激に増え、その後はゆるやかに山型のグラフを描くように減少します。

引用元 テストステロンとは?(マオメディカルクリニック)

ペニス増大サプリの中には、トンカットアリを中心にテストステロンの分泌量アップをサポートする原材料が入っています。

※トンカットアリの効果やおすすめのペニス増大サプリ5選はこちら!

【8商品徹底比較!】トンカットアリの効果やおすすめのペニス増大サプリ5選!
トンカットアリとは何なのか簡単に解説! トンカットアリとは、東南アジアの熱帯雨林に自生する野生の植物です。 日本名ではナガエカサとも呼ばれています。 マレーシアやインドネシアで、古くから滋養に役立てられてきました。 ...

しかし、ビールを飲み過ぎていると男性ホルモンのテストステロンの分泌量が減る恐れあり…。

それはビールの原料のホップに、テストステロンの分泌を阻害する物質のナリンゲニンが含まれているからですね。

男性ホルモンが減少すると、ペニス増大効果が薄れたり精力減退を引き起こしたりなどの弊害があります。

過度に気にしなくても大丈夫ですが、毎晩ロング缶のビールを3本以上飲む男性は注意しましょう。

バイアグラとアルコールには相互作用なし!

バイアグラ

世界に出回っているED治療薬の中でも、バイアグラは最も有名な医薬品です。

バイアグラを服用すると、30分~1時間程度で性的な刺激を受けて興奮した時に十分な勃起が得られます。

そこで、お酒が体内に入っている状態でバイアグラを服用しても大丈夫なのか疑問を抱えている男性はいませんか?

バイアグラの主成分のシルデナフィルは、アルコールとの相互作用はないと考えられています。

シルデナフィルとアルコールはお互いに干渉しませんので、お酒と一緒にバイアグラを摂取しても問題はありません。一般的に「薬とアルコールの同時摂取は危険」というイメージがありますが、バイアグラの場合はアルコールとの医学的・化学的な相互作用は認められていません。

アルコールと相互作用がある薬の場合は、吸収・代謝の過程で薬の血中濃度が高まって過剰な効果が出たり、想定外の副作用を発症したりする危険性があるのですが、バイアグラならそのような相互作用はありません。適量のアルコールと一緒に摂取する限り、大きなリスクはないと言えます。

引用元 アルコールと一緒に摂取しても大丈夫?バイアグラとお酒の関係(メンズライフクリニック)

適量のアルコール摂取であれば、バイアグラを服用してSEXしても身体への危険はないようですね。

もちろん、ペニス増大サプリと同じで、多量のお酒とバイアグラを同時摂取するのは避けてください。

まとめ

  • ペニス増大サプリとお酒を一緒に飲んでも基本的には問題なし!
  • アルコールを過剰摂取しているとペニス増大サプリの効果が下がる…
  • 適量のお酒であればバイアグラとの併用も大丈夫!

ペニス増大サプリでサイズアップを図っている期間に、お酒を飲んでも特に問題はありません。

しかし、アルコールを過剰摂取していると、「アルコールの分解にシトルリンやアルギニンが使われる」「下半身の血流が悪くなる」といった弊害あり…。

ペニス増大サプリの効果を引き出すには、お酒の飲み過ぎに注意すべきですね。

適量のお酒は「ビール500ml」「日本酒180ml」「ウイスキー60ml」「缶チュウハイ350ml」が目安ですので、程良い嗜み方を心掛けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました